第1条 (本規約の目的)

1.この会則は、ZuttoRide Sharing株式会社(以下「ZR-S」という)が運営するウエブサイト及び通信端末用アプリケーション「CycleTrip」を利用する者(以下「ユーザー」という)に提供される自転車ロードサービス(以下「ロードサービス」という)の規約(以下「本規約」という)を定めたものです。
2. なお、利用規約に定めのない事項については、法令又は一般の慣習によるものとします。

第2条(ロードサービスについて)

ロードサービスとは、日本国内の対象地域で発生する、別途定める車両事故や車両故障の際に会員が本規約に従いZR-Sが提供する対応サービスをいいます。なお、搬送先は原則修理などを実施するショップとなります。

第3条(利用資格)

1.CycleTripのユーザーであれば、ロードサービスを受けることができます。ただし、シェア開始前に有料オプションのロードサービスを事前に申込したユーザーは、車両トラブル時のロードサービス追加費用はありません。事前申込をしなかったユーザーは、ロードサービスを実費負担にて受けることができます。なお、ロードサービスの実費負担額は、以下の通りです。1回あたりのレッカー出動費用として、8,640円(税込)に加え、レッカー搬送距離費用として1kmあたり540円(税込)が加算されます。距離換算は実際にレッカー車で搬送した実走距離となります。
2.ロードサービスの対象車両は、CycleTripにてシェア利用をしている自転車のみとなります。同行している方や、CycleTripシェア利用ではない車両は対象外となります。
3.事前申込をしたユーザーでロードサービスを使用せずShareBike返却となった場合でも、返金はありません。

第4条(ロードサービスの提供)

1.ロードサービスの利用
(1)ローサービスを利用する場合、ユーザーはZR-SへユーザーID・氏名・車両情報・現場住所・トラブル内容などを連絡し、トラブル現場にてユーザーの本人確認をします。
(2)ユーザーの本人確認が出来ない場合、ロードサービスの提供をできない場合があります。

2.本サービスの責任

(1)天候や道路状況、作業混雑状況などにより作業車が遅れるまたは現地に到着できないことがあったとしても、ZR-Sは、一切の責任を負いかねます。
(2)沖縄本島・淡路島以外の離島、林道・競技場などは、本サービスの提供対象外地域となります。また、公道以外の場所も対象外となります。
(3)崖や海・川・水路・側溝・道路外等転落した自転車や、室内・地下の吊上作業はZR-Sでサービス提供が難しいと判断した場合、提供ができない場合がございます。
(4)対象車両を搬送する車両への会員の同乗は、できない場合がございます。
(5)ZR-Sは、緊急レスキューを第一優先にサービス提供しています。緊急性を要しない場合は、予約作業としての取扱となり、翌日以降のロードサービス提供となる場合がございます。また、原則搬送先のショップ営業時間帯での対応となります。

3.免責

ZR-S及び提携会社は、ロードサービスの利用または利用できなかったことにより発生したユーザーまたは第三者の損害に対し、故意または重大な過失がない限り、いかなる責任も負わないものとします。

第5条(対応サービス)

1.ロードサービスの内容と料金
ロードサービスには、以下のサービスが含まれています。
(1)対象車両搬送サービス
ユーザーは、ZR-Sに所定の手続を行い、対象車両を原則加入ショップまで搬送する場合に、ZR-S指定の業者による搬送サービスを受けることができます。
(2) 現場応急サービス
ユーザーは、ZR-Sに所定の手続による依頼をすることにより、次のサービスを受けることができます。
鍵のトラブル対応(※鍵の開錠・製作等の対応ができない場合は対象車両の搬送となります)
(3)次のいずれかに該当する場合は、本サービスは提供されません。ただしユーザーからの要請がありかつZR-Sが認めた場合において、ZR-Sは別途定める料金をユーザーが負担することを条件としてサービスを提供することができるものとします。
①ユーザー本人以外からの依頼の場合(特別に本人が連絡できない事情があるとZR-Sが認めた場合は除く)
②登録車両以外の車両の場合
③事故・故障に起因しない場合
④自走可能な場合(走行に支障が出る明確な症状が現れていない場合)
⑤シェア開始前に起きた事象によるトラブルの場合
⑥自然災害(地震・噴火・風水災)・火災・爆発・戦争・暴動などに起因する場合
⑦点検・整備等を目的とする場合
⑧ショップ・修理工場からの改修
⑨ZR-S以外の業者にレッカーを手配した場合
⑩一度の事故・故障に対し、2回目以降の再依頼の場合
⑪ユーザー自身により改造・修理を行ない、自走不可能になった場合
⑫ユーザーが病気・怪我等により運転できない場合(レッカー依頼の原因となった事故による怪我を除く)
⑬事故の相手方または保険会社が費用を負担する場合
⑭ユーザーが、飲酒運転などにより正常な運転ができない場合
⑮林道など通常の走行に不適切な場所に対象車両がある場合
⑯本サービスの提供が不可能な場所に対象車両がある場合
⑰本サービスを行うことによって、ユーザー、本サービスに従事する者または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を侵害する恐れがあるとZR-Sが判断した場合
⑱ユーザーが本規約に違反した場合または本規約に反する利用をしようとした場合
⑲ユーザーが、本サービスの利用にあたり、虚偽の情報をZR-Sに提供した場合
⑳その他、本サービスを適正に提供することが困難であるとZR-Sが判断した場合
㉑車両売却や引越しを伴う車両搬送の場合
㉒シェア開始時に対象車両であってもその後の改造等でZR-Sがサービスを提供する条件を満たしていないと判断した場合
(4) 対象車両搬送サービスの注意事項
車両搬送中の車両の汚損等は補償対象外となります。

第6条(ロードサービスの有効期限)

有効期限は、シェア利用期間中のみとなります。シェア利用期間以外のトラブルは、ロードサービスの対象外となります。

第7条(権利譲渡等の禁止)

ユーザーは、ロードサービスの権利及び義務の全部又は一部を第三者に譲渡、質入、貸与等することはできません。

第8条(ロードサービス資格の喪失)

以下の場合、ロードサービス資格は喪失されます。また、理由の如何を問わず会費の払い戻しは一切いたしません。
① 不正な行為があった時。
② ZR-Sおよびその関係者等に著しい迷惑や損害を与えた時。
③ その他ZR-Sが相応しくないと判断するに至る正当な理由があるとき。
④ ロードサービスを規約外の内容で利用しようとした場合。
⑤ サービス利用時において、ZR-Sまたは提携会社に対して電話を長時間掛け続ける、必要以上に頻繁に掛ける等の行為を行い、ZR-S及び提携会社の業務を妨害または、業務に支障を与えた場合。
⑥ ユーザーの対応、態度、行動等から判断し、適正にサービスを提供する事が困難であると判断した場合。
⑦ サービスを行う際に、ZR-Sまたは提携会社の社員及び第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を侵害する恐れがあると判断した場合。
⑧ 暴力団関係者、その他反社会勢力に該当する場合。

第9条(責任)

1.ユーザーは、自己の責任において、本サービスを利用することとします。
2.ユーザーがロードサービスの利用に関して他のユーザー、ZR-S、 提携会社、およびその他の第三者に損害を与えた場合には、会員は、自己の費用と責任をもってその損害を賠償することとします。

第10条(本会則の変更)

ZR-Sはその都度事前または事後にユーザーに対してCycleTripのホームページに掲載すること等の手段によりこの規約を変更できるものとし、ユーザーは予め了承するものとします。この場合ZR-Sはユーザーに対し、損害賠償責任は負わないものとします。

第11条 (協議事項)

本規約に定めのない事項又は本規約の解釈につき疑義が生じた事項についてはZR-Sの決するところによるものとします。

第12条(個人情報)

1.個人情報の利用目的
CycleTrip利用規約第13条第4項に記載
2. 個人情報の開示・提供
ユーザーの個人情報をZR-Sの業務等を委託する第三者に対し開示し、提供いたします。また、ユーザーからのご相談・ご連絡内容の正確性を保つために、通話内容を録音いたします。なお、ZR-Sがユーザーの個人情報を外部に開示・提供する委託及び提供先は、以下のとおりです。
【委託先】
現場でのトラブル対応:対象車両搬送サービス登録店/本サービスの取次店
【提供先】
提供目的:補償手続きの適切かつ円滑な運営のため
提供項目:氏名、住所、その他手続きに必要な項目
提供手段又は方法:書面を提出
提供先:本手続きの関係者(損害保険会社、その他、必要な関係先)
上記の場合を除き、ユーザーの個人情報を事前の同意なく外部の第三者に提供することはありません。ただし、法令により開示を求められた場合、裁判所・警察等の公的機関、又は弁護士会から法律に基づく正式な照会を受けた場合はこれに当たりません。

第13条(管轄裁判所)

本サービスに関し紛争が生じたときは、当社の本店所在地を管轄する裁判所をもって専属的合意管轄裁判所とします。

(本利用規約規定は2018年8月1日現在のものです。)